検査方法の種類と選択について

乳がんの検診の代表的な検査方法として、視触診・超音波(エコー)・マンモグラフィーなどが挙げられます。視触診とは明らかなしこりや変形を見つける検査方法であり、誰でも簡単に安全に受診することができる一方でこの検査のみでは乳がんの検出率が低く、また見落としも多く、今後はマンモグラフィーや超音波を併用させていくことが必須となります。
但し、マンモグラフィーは癌の石灰化した部分を見つけるのが得意な検査で、、超音波はしこりをみつけるのが得意な検査です。
つまりしこりを形成しないような癌はマンモグラフィーでしか発見できず、石灰化のない小さなしこりはエコーでしか見つけることはできません。
また、マンモフラフィーは40歳以上(アメリカでは45歳)の脂肪化したおっぱいは、きれいに写真が撮れますが、まだ乳腺組織が残っている40歳以下のおっぱいや、40歳を過ぎていてもおっぱいが大きくてしっかりしている方には、超音波検査(エコー)が威力を発揮します。

マンモグラフィ
● マンモグラフィ ●
触診
● 触診 ●
エコー
● エコー ●

乳がん検診による早期発見での治癒率向上

日本人の乳がん発症率は生活様式の欧米化に伴い年々増加傾向にあります。なんとこの30年で3倍、50年では5倍に増えています。好発年齢と言われる40歳代から50歳代だけでなく、特に若年層や高齢の方々に増えているのが特長です。
但し、現在欧米では発症率(新たに乳癌を患った人の割合)は依然増えていますが、死亡率(乳癌によって亡くなった人の割合)は減少傾向にあり、乳がん検診による早期発見による効果が現れていると言えます。
2cm以下で腋の下のリンパ節が腫れていない状態(ステージ1以下)で見つかれば、ほとんどの場合で治癒を期待できます。
ここで問題なのが、2cm以下のしこりを視触診だけで発見するのは難しいということです。やはり、マンモグラフィーや超音波検査(エコー)を併用することがとても重要になります。
また、もうひとつの問題点は日本の女性の乳癌検診の受診率がとても低いことが上げられます。
当院では、女性技師を含めて、経験豊富な超音波スタッフが乳腺エコー検査の充実に注力しており、さらにマンモグラフィーもご選択いただけけるようになりました。
また、精密検査が必要と判断した場合や他の機器による検査が必要と判断した場合などは、引き続き当院にて生検等の精査を進めさせて頂くか、即座に有数の施設やご希望の施設に紹介させて頂きます。
ぜひとも乳がん検診を受診されることをお勧めいたします。日々の健康と安心を定期的な検診で享受いただけることを願っています。

マンモグラフィ検査の流れ

マンモグラフィ検査は、乳房を薄く伸ばした状態で行うX線撮影検査です。
乳房を薄く伸ばすことによって、乳房の中にある乳腺組織を鮮明に写真に写すことができ、細かい病変も発見することができるようになります。
また、乳房を薄くすると、X線被ばくも少なくすることができるのです。
マンモグラフィ検査の実際の流れを映像でご紹介しますのでご覧ください。