カテゴリー別アーカイブ: 往診鞄

いまだ先生の往診鞄 №60

「TOWN LIFE」
くらしのネットワーク情報誌「Town LiFE」336号
(R1.5.1発行)に掲載した記事をご紹介します。

感作療法とは、アレルギーの原因であるアレルゲン物質を少量から投与していき、徐々に感作させていく事でアレルゲンに対するアレルギー反応を軽減させる治療方法です。
アレルギー薬は表面的にアレルギーを抑えるだけですが、減感作療法は根本的にアレルギー反応を起こさないようにします。今まで減感作療法は注射による方法が一般的でしたが、現在はスギアレルギーとダニアレルギーに対してのみ、舌下投与による薬が発売されています。注射と異なり自宅で減感作療法を進めることができ、長期に渡り症状を抑える事ができます。
但し、投与前にはスギおよびダニアレルギーである事の検査による確認が必要で、治療には3年から5年かかります。また、すべての患者様に効果が期待できるわけではなく、投与終了後に症状が再発してしまう事もあります。また、稀にアナフィラキシーという強いアレルギー反応が見られる事もあります。投薬開始については、ダニは通年性ですが、スギはスギ花粉症シーズン中の投与開始はできません。
アレルギーを根治させたい方、抗アレルギー薬が眠くて服用できない方など、一度御相談ください。

いまだ先生の往診鞄 №58

「TOWN LIFE」
くらしのネットワーク情報誌「Town LiFE」280号
(H31.1.1発行)に掲載した記事をご紹介します。

もうすぐ花粉症の季節。今年はスギとヒノキの雄花が育ちやすい環境が整った為、普段の3倍程度の花粉が飛ぶと予想されます。当院では発売当初より舌下免疫療法を開始していますが、予想より副作用は少なく効果はかなり期待できる様です。ただし、この治療穂は特異的免疫療法であり、スギ花粉症にしか効果がなく、治療期間が3年以上にわたる事、全員に効果が期待できるわけではない事も知っておく必要があります。また、この治療はシーズンが始まってしまえば開始できません。長い治療のあとにはスギ花粉症が完治してしまう可能性もあり、これが他の治療法と比較して大きく異なる点です。「スギ以外にヒノキやイネ科もあるよ」という方には抗ヒスタミン薬による治療が基本です。非常に効果がありますが、眠たくなったり作業効率が落ちることが欠点。抗ヒスタミン薬を使わずに、漢方、抗LT薬、点鼻薬などを組み合わせることもできます。注射による人食い的免疫亮穂(週1回の皮下注射を計6回)という方法もあります。また、当院では新しく発売となったダニアレルギーに対する舌下両方も開始しています。是非一度ご相談ください。

いまだ先生の往診鞄 №57

「TOWN LIFE」
くらしのネットワーク情報誌「Town LiFE」330号
(H30.11.1発行)に掲載した記事をご紹介します。

※ご質問や不明な点がありましたら、ファックスやメールをお寄せ下さい。

 慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease:CKD)という言葉をご存知ですか?これは、腎臓の障害が慢性的に継続している状態の事です。成人の8人に1人がCKDと言われ、一旦悪化すると二度と改善が望めない事から影の寿命の決定因子とも言われています。
 蛋白尿や血尿、画像での腎障害、血液検査での腎機能低下などが3ヶ月以上続いた時に診断され、特に腎機能の血液検査の指標であるeGFRが60を切ると要注意です。生活習慣病(高血圧、脂質異常症、糖尿病、高尿酸血症等)が原因となる事が多く、そこに肥満、運動不足、飲酒、喫煙、ストレス等が加わると進行します。また、源疾患が隠れている場合もあるので、一度専門医を受診することも大切です。原因となる生活習慣病をきっちりと治療する事。特に血圧は一般的なコントロール基準よりも厳しくなります。
 食事療法としてはまず減塩食、ステージが進行すればタンパクやカリウム制限。また、腎機能の低下を遅らせる薬もあります。但し、初期のCKDに症状はなく、一旦進行したら回復しません。言うまでもなく、早期発見・早期治療が原則です。皆様は大丈夫ですか?

いまだ先生の往診鞄 №56

くらしのネットワーク情報誌「Town LiFE」328号
(H30.9.1発行)に掲載した記事をご紹介します。

暑いですが皆さまお元気にお過ごしでしょうか?
今年の会社の定期診断や健康保険の健診は終わりましたか?
引っかかった項目に対して、症状がないからと言ってほったらかしてはいませんか?
生活習慣病の原因となる血圧、脂質異常、血糖や尿酸値などは健診に引っかかっただけでは症状は出ません。では、症状が出てから治療をすれば良いのでしょうか?それでは健診の意味がありません。
当院では健診結果を一緒に見させて頂き、現在どういう対策や治療が必要かを、患者さまと一緒に考えさせて頂きます。また、同時に現在どういう影響が体にきているかもいくつかの検査にて調べさせて頂きます。
すぐに治療を始めても、ほったらかしていた間のつけは消えてくれません。でも、すぐに治療を始めればダメージの進行は止まります。
体はなんともないので大丈夫!と思っておられる方いませんか?症状はある日突然やって来ますよ。

いまだ先生の往診鞄 №55

くらしのネットワーク情報誌「Town LiFE」326号
(H30.7.1発行)に掲載した記事をご紹介します。

 当院でも三田市乳がんマンモグラフィーセット検診(デジタルフラットパネルマンモグラフィーおよび視触診)を行っております(三田市のハガキまたはクーポン券利用可)。対象は40歳以上の女性です。
 A認定技師を中心に全員女性技師により、40歳~49歳の方は2方向撮影、50歳以上の方は1方向撮影にてマンモグラフィーを施行します。精査が必要と判断された場合には、その場で乳腺エコーを追加(セット検診外)し、より正確な診断を下せます。また、生検などの精査が必要な場合もご希望に応じて当院にて継続できます。
 撮影したマンモグラフィー画像は提携頂いている関西労災病院乳腺外科にデータとして送られ、ダブルチェックを受けます。たとえ当院で異常なしと判断されても、再度複数の医師により診断を受けることになります。
【夜にマンモグラフィー検診をご希望の方へ】
7月9日(月)・18日(水)のみ対応しています。値段は40歳代が2000円、50歳代が1500円、75歳以上は無料です。ぜひお役立てください。

※ご質問や不明な点がありましたら、ファックスやメールをお寄せ下さい。

いまだ先生の往診鞄 №54

「TOWN LIFE」
くらしのネットワーク情報誌「Town LiFE」324号
(H30.5.1発行)に掲載した記事をご紹介します。

 40歳~75歳以下の国民健康保険に加入されていて、まだその年度の特定健康診査を受けていない三田市在住の方は三田市の人間ドック受診助成を受けることができます。助成の申請は三田市役所の国保医療課給付係窓口にて直接出来ますし、ホームページから申請書をダウンロードして、郵送にて行なうことも出来ます。また並行して医療機関への人間ドックの予約をして頂きます。助成金額は人間ドック費用の半額で、上限2万円迄となります。特定健康診査に比べて人間ドックは自分の体に対するかなり詳しい情報を得ることが出来ます。当院では以下のコースが選べ、助成下では5千円弱から1万円強で人間ドックを受けることが出来ます。
●Aコース(9800円)
身体測定、視力、眼底検査、血液検査、尿検査、心電図、胸部X線、便検査
●Bコース(13000円)
Aコース+肺、血管、骨年齢測定、腹部エコー
●Cコース(25000円)
Bコース+沈静化経鼻胃カメラ
 また、マンモグラフィーや乳腺エコーを使用した乳癌スクリーニング等、各種オプションも追加可。乳癌検診だけの予約も随時受け付けております。
是非、御利用ください。

いまだ先生の往診鞄 №53

「TOWN LIFE」
くらしのネットワーク情報誌「Town LiFE」322号
(H30.3.1発行)に掲載した記事をご紹介します。

検診やドックの尿検査で「尿検査陽性」とかいわれたことはありませんか。尿潜血とは、尿路や生殖器などから出血していることを示します。但し、その一部の方は無症候性血尿と言って、特に原因なく反応を認める場合もあり、必ずしも皆様が心配しなければならない訳ではありません。しかし、尿潜血陽性は結石、癌、糸球体腎炎、憩室、炎症、外傷等の重要なサインでありことには変わりなく、指摘されれば必ず二次検診を受けて頂くようにお勧めします。
また、おしっこが赤いなど、目で見てわかる肉眼的血尿はさらに危険なサインです。当院では「尿潜血陽性」の方に対する2次検診と致しまして、泌尿器科と腎臓内科の双方からの観点で、腹部エコー、尿細胞診、腎炎や前立腺癌等を対象にした血液検査等(場合により膀胱尿道鏡)をスクリーニングとして施行させて頂いております。
また、これらの病気をはやく発見するためには、健診や人間ドックなどが重要です。当院ではそういったご心配をお持ちの方にもご安心頂けます様に適時検診、人間ドックもご予約頂けます。お心当たりの方、ご心配をお持ちの方は是非一度ご連絡ください。

いまだ先生の往診鞄 №52

「TOWN LIFE」
くらしのネットワーク情報誌「Town LiFE」320号
(H30.1.1発行)に掲載した記事をご紹介します。

昨年より当院でも三田市野乳がんマンモグラフィーセット検診(デジタルフラットパネルマンモグラフィーおよび視触診)を行っております(三田市のハガキまたはクーポン券利用可)。
対称は40歳以上の女性で。A認定技師を中心に全員女性技師により、40歳~49歳の方は2方向撮影、50歳以上の方は1方向撮影にてマンモグラフィーを施行します。精査が必要と判断された場合には、その場で乳腺エコーを追加(セット検診外)し、より正確な診断を下せます。また、生検などの精査が必要な場合もご希望に応じて当院にて継続できます。撮影したマンモグラフィー画像は提携頂いている関西労災病院乳腺外科にデータとして送られ、ダブルチェックを受けます。たとえ当院で異常なしと判断されても、再度複数の医師により診断を受けることになります。また、当院では仕事帰りの女性のために夜間16時から19時や、土曜日も枠もご用意しています。
せっかく検診を受けるのでしたら、高画質のマンモグラフィーによる検診をお勧めいたします。値段は40歳代が1900円、50歳代が1400円、75歳以上は無料です。ぜひお役立てください。

いまだ先生の往診鞄 №51

「TOWN LIFE」
くらしのネットワーク情報誌「Town LiFE」318号
(H29.11.1発行)に掲載した記事をご紹介します。

※ご質問や不明な点がありましたら、ファックスやメールをお寄せ下さい。

当院でも三田市マンモグラフィークーポン券及びハガキが使えます。
 検診は、デジタルフラットパネルマンモグラフィー及び視触診にて判定します。40歳以上の女性対象で、マンモグラフィー撮影は40歳から49歳の方は2方向、50歳以上の方は1方向。A認定を持つ技師さんを中心に全員女性技師により行なわれ、精査が必要と判断された場合には、その場で乳腺エコーを追加し(三田市のセット検診には含まれません)より正確な診断を下すことが出来ます。また、生検などの精査が必要な場合にも、続けて当院にて行なえます。撮影したマンモグラフィー画像は、即座に提携の関西労災病院乳腺外科にデータとして送られ、診断のダブルチェックを受けます。たとえ当院が異常なしと判断しても、再度複数の医師により診断を受けることになります。また、当院では仕事を持つ女性のために、夜間16時から19時や土曜日の検診も可能です。せっかく検診を受けるなら、高画質のマンモグラフィーによる検診をお勧めします。値段はハガキでは、40歳代が1900円、50歳代が1400円、75歳以上は無料、クーポン券ではすべて無料となります。
是非ご予約ください。

いまだ先生の往診鞄 №50

「TOWN LIFE」
くらしのネットワーク情報誌「Town LiFE」316号
(H29.9.1発行)に掲載した記事をご紹介します。

※ご質問や不明な点がありましたら、ファックスやメールをお寄せ下さい。

皆様暑い日が続きますが、如何お過ごしでしょうか?
特に夏になると立ちくらみやふらつきがするなどの症状で来られる患者様が増えてきます。特に若い女性の患者さまが多いのですが、決して夏バテとは限らず、原因としては低血圧や貧血、またはその両方で起こっていることが比較的多いようです。これらは気温が低い場合には症状があまり表に出て来ないのですが、気温が上がって来ると症状を訴えられる方が増えてきます。ほとんどが体質、生活習慣、食生活、生理などによるもので、特に治療を必要としないことも多いのですが、朝が起きられなかったり、仕事や学校生活に支障が出る場合には気温の高い夏の間だけ、造血剤や昇圧剤を投与することもよくあります。また、そういった患者さまの中には、病的なめまい、脳の病気、生理以外の原因による貧血、熱中症、甲状腺疾患などの治療が必要な病気が潜んでいる場合もありますので、症状が長引いたり、重い場合には必ず医療機関に御相談頂ければと思います。
秋も間近ですが、残暑厳しい毎日、皆様お気をつけてお過ごしください。